So-net無料ブログ作成
検索選択
絶対零度 10話 感想 ブログトップ

絶対零度 10話 感想 [絶対零度 10話 感想]

[次項有]ドラマ絶対零度 ~特殊犯罪潜入捜査~ <フジテレビ>火曜21:00~21:54 第10話 9月13日(火)


第10話の感想ですが、結論から言うとほとんど、ストーリーは進んでない様な気がしました。

だいたいあらすじで書いたことがほとんどです。

最終回に一気に盛り上げる感じなのかな?緊張感を維持していたのはよかったと思います。

今回、新たにわかった事

・木幡雄一(ユースケ・サンタマリア)の素性が少しわかった事(ブローカー、情報テロリスト)
・瀧河信次郎(桐谷健太)の目が思ったより進行が早く失明するかもしれないという事を仲間につげた事
・誘拐事件に関根素子(大谷英子)の兄が関わっている事
・畑山昭子の本名はウエノマリコ

木幡雄一はどこにでも侵入してハッキングして事件を起こす事ができるみたいですけど、対策室のサーバーにはいったり、警察のデータを見る事ができたりとセキュリティは?って感じでした。
そんなすごい人、実際にいるんでしょうか?

とにかく今回はいろんな課題を残されて終わってしまいました。

来週は最終回みたいなんですが、これらの課題を一気にクリアするんでしょうか?

見ている人が欲求不満で終わらないように期待します。


絶対零度 ~特殊犯罪潜入捜査~ 10話 あらすじ はこちら!

コメント(0) 
絶対零度 10話 感想 ブログトップ



FX通貨ペア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。