So-net無料ブログ作成
絶対零度 7話 感想 ブログトップ

絶対零度 7話 感想 [絶対零度 7話 感想]

[次項有]ドラマ絶対零度 ~特殊犯罪潜入捜査~ <フジテレビ>火曜21:00~21:54 第7話 8月23日(火)
警察も踏み込めない完全封鎖の町、聖山タウン。
商店街の宝石店あらしの犯人がこの町に住んでいる、そこに泉(上戸彩)と瀧河(桐谷健太)が住民としてはいりこみ潜入捜査の始まりというのが今回の話。

話として、こんな町が本当にあるのかどうかはわからないが、発想自体は悪くないと思います。

ただ、ちょっと気になったのは犯人らしき人間にめぼしをつけてから、真犯人逮捕まで、また最初の被害者の宝石店の店主とのつながりがあまりにもあっさりしていた事。

ひとつひとつの事柄がさらっと進みすぎて???って時も。

ところで”月盗団”のくだりって必要なんでしょうか?


「そろそろ認めてあげたら?あなたの女房役。」という高峰の台詞、なんか印象に残っています。
山口紗弥加さんはこのまま、いい女優さんになりそうですね。

また、今回も否定してしまいました。すみません。
でも、面白くなる要素はたくさんあるんですけどね。


絶対零度 ~特殊犯罪潜入捜査~ 7話 あらすじ はこちら!




コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
絶対零度 7話 感想 ブログトップ



FX通貨ペア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。