So-net無料ブログ作成
検索選択
絶対零度 7話 あらすじ ブログトップ

絶対零度 7話 あらすじ [絶対零度 7話 あらすじ]

[次項有]ドラマ絶対零度 ~特殊犯罪潜入捜査~ <フジテレビ>火曜21:00~21:54 第7話 8月23日(火)

ある夜、桜木泉(上戸彩)は猪原恵美(峯村リエ)に頼まれ合コンに参加する事に。
しかし、その最中、高峰涼子(山口紗弥加)から捜査班に戻るよう連絡が入った。

ここ3カ月で10件発生している連続宝石強盗事件を、捜査班はアジア各国で活動している窃盗団"月盗団"に絞っていた。すでに被害総額は15億円にのぼり警備員も2人、殺害されている。

だが、最近起こっている事件は商店街の小さな店などを対象にしている事から、別の窃盗グループの可能性もあると考えていた。

捜査を進めていく内に現場に残った男性らしき靴跡から、奇妙な事がわかった。
日本で唯一の城塞都市である聖山タウン。そこに輸入されているタイルの粒子が発見されたのだ。

聖山タウンに新婚夫婦として潜入捜査を始める泉と瀧河信次郎(桐谷健太)。

送られてくる映像から、事件があった金曜の夜にゲートの外に出ていたのは13人だった事がわかった。
その中の3人に絞り込んで捜査する事になったのだが、その1人、深星秋信(鈴木一真)を追跡していた白石晋太郎(中原丈雄)があることに気付いた。


絶対零度 ~特殊犯罪潜入捜査~ 7話 感想 はこちら!




コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
絶対零度 7話 あらすじ ブログトップ



FX通貨ペア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。