So-net無料ブログ作成
検索選択
絶対零度 3話 あらすじ ブログトップ

絶対零度 3話 あらすじ [絶対零度 3話 あらすじ]

[次項有]ドラマ絶対零度 ~特殊犯罪潜入捜査~ <フジテレビ>火曜21:00~21:54 第3話 7月26日(火)

ある捜査命令が長嶋秀夫(北大路欣也)から出た。
医療機関MNPの研究員・野田がトラックにひかれた事件の捜査である。
この事件は 国家プロジェクトでもある新薬の開発と、倒れた直後に上着を探っていた人物が存在していた事が関わっていた。その男を北村正宗(阪田マサノブ)と断定した。

しかし機密情報の漏えいを理由に施設内のトラブルの情報開示はすべて拒否されてしまった。

ここで泉と瀧河が潜入捜査を行うことになる。

トラックにひかれた野田はある男たちに追われていた。その男たちはその施設の研究員である事が判明する。

ここで潜入捜査を行っていたた白石晋太郎(中原丈雄)や磯村亮平(小林高鹿)は、所長の東海林俊哉(小木茂光)と北村を追跡する事に。

その後、北村が謎のロシア人と接触している事を突き止めた。


絶対零度 ~特殊犯罪潜入捜査~ 3話 感想 はこちら!




コメント(0) 
絶対零度 3話 あらすじ ブログトップ



FX通貨ペア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。